私立学校共済
私立学校共済
私立学校共済は、私立の教育機関に関わる教職員として勤務をされている方が加入されます。教員だけが加入するのではなく、私立学校に勤務された方は加入されることになります。
<ドクターが私立学校共済に加入されるパターン>
・公立病院で勤務されている時
・公立学校の付属病院で勤務されている時
・医師以外の職業で地方公務員として勤務されている時
私立学校共済
私立学校共済は、私学事業団が管理しています。
私立学校共済として掛けた保険料は、私立学校共済年金として支給されます。私立学校共済年金は基礎年金と併せて支給されます(2階建ての2階部分)。
尚、私立学校共済には、医療保険である短期給付と、年金である長期給付があります。
私立学校共済に関する手続きは、勤務されている時は勤務先が手続きをします。勤務先のご担当者に年金手帳等をお渡し下さい。お手続きは勤務先の学校経由となります。
私立学校共済の保険料は給与額によって変わってきます。受給できる年金の額も給与額(標準報酬月額)と納付した月数に比例して個々人で違う額となります。私立学校共済は厚生年金保険とほぼ同額の年金の他、職域加算という3階部分があります。そのため、厚生年金保険より高額の年金が受給できます。
私立学校共済に加入した記録に関する「ねんきん定期便」は送付されていません。58歳の時点で「私学ねんきんメール」が送られてきます。58歳以外の方は、ホームページ上で御確認いただくか、直接私学事業団へ御請求下さい。
私学事業団 年金情報提供サービスはこちら
尚、日本年金機構(社会保険庁)から送られてくる「ねんきん定期便」には私立学校共済に加入していた期間のみが表示されています。
私立学校共済の受給手続きをされる時は、在職中の方につきましては、私学共済から「事前連絡」としてお知らせが届きます。退職されている方につきましてはお知らせはありませんので、御自身でお取り寄せいただくことになります。お手続きの請求書等はホームページからダウンロードができます。
ドクター(医療従事者)の 年金は特殊です!
国民年金
厚生年金保険
国家公務員共済年金
地方公務員共済年金
私立学校共済
Copyright © 大神令子社会保険労務士事務所 all rights reserved.